転職コラム

「飲食店の給料安すぎ」と思ったときのための年収・給料アップの方法

飲食業界で転職を考えている方に向けて、飲食店で給料・年収をアップさせるための方法を解説します。

 

飲食店で働いていると、「給料安すぎるのでは?」と感じることがありませんか?
そのせいで「もう辞めようか」「他の仕事に転職しようか」と考える方も多くいらっしゃいます。

 

しかし飲食業界でも給料・年収アップは目指せます。
今回の記事では、飲食業界で年収をアップさせるための効果的な方法についてご紹介します。
収入の面で転職を考えられているなら、参考にしていただくことで飲食業界でより良い収入を目指せるはずです。

飲食店の平均給料・年収について

それではまず、飲食店の平均的な年収について見てみましょう。

年齢計

2,595,000円

~19歳

1,814,000円

20~24歳

2,065,000円

25~29歳

2,300,000円

30~34歳

2,472,000円

35~39歳

2,720,000円

40~44歳

2,837,000円

45~49歳

2,884,000円

50~54歳

2,932,000円

55~59歳

2,891,000円

60~64歳

2,514,000円

65~69歳

2,233,000円

出典:厚生労働省:令和5年賃金構造基本統計調査 結果の概況

データは宿泊業と飲食サービス業をまとめたものです。
しかし全産業中、最も低い結果となりました。
「飲食店は給料安すぎ」と思われる方がいるかもしれませんが、実際にデータとしても表れています。

 

しかし飲食店の中でも給料や年収は、お店ごとに変わるものです。
続いては業種別・職種別での収入の目安と、他の業界との比較について詳しくご紹介します。

業種別・職種別

まずは業種別・職種別で飲食店の給料と年収についてです。

業種別

飲食店における業種別の平均年収は次のとおりです。

業態

東京都平均給与

対前半期差

イタリアン

283,400円 +7,442円

和食

291,900円

+6,919円

居酒屋・ダイニングバー

293,546円

+6,507円

カフェ・喫茶店

262,432円

+850円

洋食・西洋料理 283,486円

+6,612円

出典:PR TIMES:【2023年度上期飲食店動向】飲食店の平均給与(業態・業種別)を飲食店ドットコムが発表。東京28.5万、大阪27.3万、愛知26.4万、福岡25.7万

上記のデータは東京都における2023年度上期のものです。
東京都のデータであるため、地方都市ではもう少し下がるかもしれません。

 

しかし対前半期差を見ると、2022年度に比べて大幅に上昇していることがわかります。
新型コロナウイルス感染症が5類に移行したことやインバウンド需要の増加により、飲食業界は好調な波に乗っているためでしょう。

 

【関連記事】寿司職人の年収はどれくらい?仕事にする上でおさえておきたい基本

 

職種別

それでは続いて、職種別での平均給与をご紹介します。

東京都

大阪府
平均給与 対前半期差 平均給与

対前半期差

サービス・ホールスタッフ

266,861円 +5,463円 251,407円 +5,211円
調理スタッフ 272,756円 +5,878円 259,336円

+4,603円

出典:PR TIMES:【2023年度上期飲食店動向】飲食店の平均給与(業態・業種別)を飲食店ドットコムが発表。東京28.5万、大阪27.3万、愛知26.4万、福岡25.7万

飲食店では全般的に調理スタッフのほうが給料・年収が高い傾向にあります。
しかし大阪府での調査では、サービス・ホールスタッフのほうが対前半期に比べて給料が高くなりました。
職種によって差が生じるのは確かですが、これからサービス・ホールスタッフの給料が上がっていく可能性もあるのではないでしょうか。

他業界との比較

飲食店の年収や給料は、全産業中で最も低いと報告されたと解説しました。
その他の産業と比べて、どの程度の差があるのでしょうか?
続いては年齢別・男女別・平均勤続年数による、他の業界との収入の際についてご紹介していきます。

年齢別

まずは年齢別のその他の産業との年収の違いについてです。

宿泊業・飲食サービス業[1]

その他の全産業[1]

宿泊・飲食業との差異

20代

2,182,500円 2,442,466円

+259,966円

30代

2,596,000円 3,186,200円

+590,200円

40代

2,860,500円 3,747,000円 +886,500円
50代 2,911,500円 4,058,833円

+1,147,333円

60代

2,373,500円 3,029,666円

+656,166円

20代ではそれほどの年収差はありませんが、40代・50代になると差が開いてくることがわかります。
いずれの年代においても、その他の全産業平均と比べると、宿泊業・飲食サービス業は給料安すぎると言えるでしょう。

男女別

続いては性別の観点から、他の産業との差を比較してみます。

宿泊業・飲食サービス業[1]

その他の全産業[1]

宿泊・飲食業との差異

男性

2,901,000円 3,718,933円

+817,933円

女性 2,217,000円 2,785,600円

+568,600円

女性より男性のほうが、他の産業との差異が大きい結果となりました。
年収にして81万7千円の差であれば、毎月の給料が約68,000円少ないことになります。

平均勤続年数

最後は、平均勤続年数から見る他の産業との比較です。

宿泊業・飲食サービス業[1]

その他の全産業[1]

8.7年

12.3年

平均勤続年数は他の産業と比べて4.5年ほど短いとの結果になりましたが、実際の年数を見ると最下位ではありません。
最も平均勤続年数が短かったのは男性で「医療・福祉」であり、女性で「他に分類されないサービス業」でした[1]。

 

その他の産業と比べて平均勤続年数が長いとは言えませんが、ある程度労働環境に満足して、長く働いている方も多いのではないでしょうか。

飲食業界の年収が低いとされる理由

飲食店の年収と給料について、他の産業との比較も交えながらご紹介してきました。
それでは飲食業界が給料安すぎると言われる理由とはどのようなものでしょうか?
考えられる2つの理由について解説します。

理由1:転職が多いから

まずは転職が多いことがひとつめの理由としてあげられます。
前項で飲食業界の平均勤続年数は最下位ではないと解説しました。
しかし飲食業界では、「同業他社への転職」が多いと言われています
つまり「飲食業界」での勤続は長くとも、「ひとつの店舗」で長く勤めている方は多くない可能性があるということです。

 

一般的に給料や年収は、勤続年数が長くなるほど上がる傾向にあります。
その点、ひとつの店舗で長期間勤務する方の少ない飲食業界は、収入が上がりにくいと考えられるかもしれません。

 

【関連記事】飲食業の転職面接で心がけたい大事なこと3選と面接で聞かれること

 

理由2:離職率が高いから

もうひとつの理由として考えられるのは、飲食業界における離職率の高さです。
飲食業界は、他の産業に比べて離職率が高い職種であるとの調査結果が報告されています。
令和4年度の厚生労働省の調査によると、離職率TOP3は次のとおりです。

【離職率TOP3】

  • 1位:運輸業・郵便業:14,004,000人
  • 2位:宿泊業・飲食サービス業:13,023,000人
  • 3位:医療・福祉:12,100,000人

出典:厚生労働省:(PDF)-令和4年雇用動向調査結果の概況-

宿泊業も含まれてはいますが、飲食サービス業が離職率第2位にランクインしています。
ひとつ前の項目でも解説しましたが、飲食サービス業では同じ店舗に長期間勤める人が少ない傾向です。
そして他の離職とともに他の業種に転職してしまう方もいるでしょう。

 

入社してすぐに離職をすれば、昇給のチャンスを逃してしまいます。
離職率の高さは、飲食サービス業全体の給料・年収の低さの原因となっているのではないでしょうか。

飲食業界で給料・年収を上げるための方法

飲食店で給料安すぎると言われる事実を証明するかのように、データでも他の産業に比べて低賃金であることが示されました。
しかし飲食業界で給料・年収を上げていくことは不可能ではありません。
むしろ十分に年収アップを目指していけます。

 

それではどのようにして収入を増やしていくべきなのでしょうか?
効果的だと考えられる6つの方法について解説します。

方法1:転職(年収が高い企業や福利厚生の充実している職場)

まず考えられるのは転職です。
現在働いている企業よりも年収が高かったり、福利厚生が充実している職場に転職をしたりすれば、労働環境は良くなります。
また実質的な年収もアップするでしょう。

 

飲食店は給料が安すぎると言われるものの、給料は企業や事業規模によって大きく変わります。
規模の大きい飲食店であれば、他の産業に負けないほどの高収入を得られることもあるはずです。
もし個人店など規模の小さな飲食店に勤務しているなら、転職をすることにより年収が大幅にアップするかもしれません

方法2:スキルアップ

飲食店での給料・年収を増やすには、スキルアップをすることも方法のひとつです。
スキルが高まったことが認められれば、給料を上げてもらえる可能性が高まります。

 

たとえば接客・ホールを担当している方であれば、よりコミュニケーション力を高めるなど。
調理を担当している方なら、調理に関する資格を取得したり、新たな技術を習得したりすることが考えられます。
ご自身のスキルアップを目指せば、より責任感のある仕事を任されることも増えるはずです。
収入アップのために、スキルアップについて考えてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】寿司職人の将来性は?これからの需要とキャリアビジョンもチェック

 

方法3:資格手当

資格手当が支給される企業であれば、資格を取得することにより年収アップを目指せるかもしれません
前項の「スキルアップ」にも共通することですが、資格を取得すれば、企業から「より重要度の高い人材」と認めてもらえるでしょう。
たとえば次のような資格を取得すると、給与がアップする可能性があります。

【ホールスタッフにおすすめの資格】

  • 接客サービスマナー検定
  • サービス接遇検定
  • レトスランサービス技能検定

【調理スタッフにおすすめの資格】

  • ふぐ調理師免許
  • 製菓衛生師
  • 菓子製造技能士検定
  • パン製造技能士

【飲食業にてホール・調理いずれでも評価されやすい資格】

  • 和食マイスター
  • ソムリエ
  • フードコーディネーター
  • フードアナリスト
  • 食品衛生責任者

ご紹介したような資格を取得したと報告すれば、すぐに年収アップにつながることもあります。
調理に関する資格を保有していないなら、できそうなところから学習に励んでみるのも良い方法でしょう。

方法4:残業代

残業をして給料を増やすのも年収アップのための方法です。
一般的にほとんどの仕事は、残業をすれば賃金が多く貰えます。
積極的に残業をすることにより残業代が加算されれば、自ずと収入はアップするでしょう。

 

残業代は通常の賃金よりも、割合が高く設定されています。
労働時間が同じであっても、労働時間内に働くよりも残業をしたほうが効率が良いということです。

 

身体的には疲弊するでしょうが、収入アップを目指したいなら積極的に残業をしてみてください。

方法5:長く働く

飲食店での給料・年収アップの方法として次にご紹介するのは、「長く働く」ことです。
先に解説しましたが、飲食業界では離職率が高いことが年収低下の原因のひとつとも考えられています。
反対に考えれば、同じ企業で長く働けば、他の産業との差がない収入を得られるとも言えるでしょう。

 

長く働けば昇給の可能性が高まります。
また働いている店舗内で求められるスキルも、自然と身についてくることでしょう。
飲食業界は給料安すぎると思われるなら、同じ企業でできる限り長く働くことをおすすめします。

方法6:独立・開業

最後は、ご自身で独立・開業をすることです。
調理や接客のスキルを身に着けたなら、ご自身で店舗を出して、独立・開業も目指せるかもしれません。
独立・開業をすれば店舗のオーナーとなり、今まで以上の収入を目指せる可能性が高まります。

 

ただしご自身で店舗を経営していくのは簡単ではありません。
今までに培ってきたスキルに加え、経営の手腕も求められるためです。
また必ずしも経営がうまくいくわけではなく、失敗して倒産する可能性もあるでしょう。

 

独立・開業をすれば大幅な収入アップも目指せますが、諸刃の剣であることも忘れないようにしてください。

飲食専門の転職エージェントの選び方

「飲食店の給料安すぎる」と感じられたら、解決策として「転職をする」方法があります。
しかし飲食業界で、ご自身が納得できる企業に入社できるとは限りません。
そこでおすすめなのが、「飲食専門の転職エージェント」です。

 

飲食専門転職エージェントにはさまざまなものがあります。
転職に成功するためには、次のような基準を重視しながら転職エージェントを探してみてください。
的確なアドバイスを受けられれば、新たな飲食店に勤めながら、給料・年収の増加を望めるはずです。

選び方1:求人数が多いか

最初にご紹介する選び方のポイントは、「求人数が多いこと」です。
求人数が多ければ、自然と選択肢も増えます。
より理想に近い飲食店を選べる可能性が高まるでしょう。

 

転職エージェントによって求人数は大きく変わります。
3万件のところもあれば、38万件と10倍ほどの求人数を誇る転職エージェントも。

 

転職を考えた際に転職エージェントを選ぶなら、まずは求人数が多いところを選びましょう。
少ない候補から選ぶよりも、膨大な候補から選ぶほうがご自身に合った飲食店が見つかるはずです。

選び方2:飲食業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているか

飲食業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているかどうかも、あらかじめ確認しておきたいところです。
転職エージェントによっては、飲食業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しているところがあります。
業界の内部事情を鑑みながらの提案を期待できるため、飲食業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているところのほうが有利です。

 

転職エージェントはそれぞれに強みを持っています。
中には飲食業界を専門にしたところもあります。
しかし全産業の転職を浅く広く斡旋しているエージェントもあるでしょう。
もし飲食業界に精通しているわけではなければ、労働環境の悪い企業や、スキルアップを期待できない企業に転職してしまうこともありえます。

 

ひとつひとつの企業の内情に詳しい方からアドバイスを受けられれば、ご自身にあった転職先を見つけやすくなるはずです。
また飲食業界での大変さや気をつけるべきことなども教えてもらえるかもしれません。
飲食業界での転職先を探すなら、飲食業界に詳しいアドバイザーがいる転職エージェントを探してください。

選び方3:口コミや評判が良いか

転職エージェントを選ぶ際にぜひチェックしておきたいのが、口コミや評判です。
口コミ評判が高い転職エージェントは、過去に利用した方々が「満足した」証となります。
企業の広告よりも、利用した方々の感想のほうがリアルではないでしょうか。

 

GoogleマップやSNS、口コミサイトで転職エージェントの口コミを検索してみてください。
サポート力や転職への満足度などが書き込みされていることがあります。
インターネットでの検索は短時間で効率よく行えるものです。
もし良さそうだと感じられる転職エージェントがあれば、まずは口コミや評判を検索して見られることをおすすめします。

選び方4:サポートが充実しているか

転職エージェント選びで大切なポイントのひとつが、サポートが充実しているかどうかです。
サポートが充実しているところでは、面接で好印象を与えるためのコツや、理想的な履歴書の書き方を教えてもらえます。
また転職先の紹介や面接日の調査を行ってもらえると、手間をかけずに転職が進むでしょう。

 

サポート体制は転職エージェントによって大きく変わります。
満足のいく転職をするなら、質の高いサポートを受けることが何よりも大切です。
転職エージェントを利用する前に、サポート体制がどれほど充実しているか確認することも忘れないようにしてください。

転職エージェントを使用する際のポイント

転職エージェントの選び方をご紹介してきました。
しかし良いと思えるエージェントが見つかったとき、どのように利用するのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで次に、転職エージェントを利用する際のポイントについて確認していきましょう。

ポイント1:働きたい職種や分野を事前に伝える

転職エージェントを利用するときは、最初に働きたい職種や分野を伝えておくことが大切です。

 

エージェントに登録すると、まずはキャリアアドバイザーとの面談が行われます。
面談はあなたの希望を明確にし、どのような方向性で転職を進めていくべきかを決めるための場。
働きたい職種や分野がはっきりしていないと、転職に失敗してしまう可能性が高まります。
もし飲食業界内での転職であったとしても、職種や分野が違えば、スキルを活かせないかもしれません。

 

面談の前には、ご自身の希望を確立させておくようにしましょう。
そしてキャリアアドバイザーに希望をしっかりと伝え、理解してもらうことが転職活動成功のための第一歩となります。

ポイント2:紹介された求人の給与を確認する

求人を紹介された時点で、給与を確認しておくこともポイントのひとつです。
飲食業界の中には、給料安すぎると感じられる店舗も少なくありません。
給料や年収を重視して転職を希望するなら、給与は必ず確認しておくべき条件となります。

 

転職エージェントの中には、内定後に給与についての条件交渉を請け負っているところもあります。
しかし企業から提示された給与そのままで、転職先を斡旋し、交渉などのサポートがないところもあるでしょう。
紹介されたからと言ってすぐに受け入れるのではなく、給与を確認するくらいの慎重さがあったほうが転職は成功しやすくなるはずです。

ポイント3:紹介された求人の休日や残業時間を確認する

給与とともに確認しておきたいのが、紹介された企業の休日や残業時間です。
飲食業界では他の産業よりも労働時間が長く、出勤日数が多い傾向にあります。
令和5年の調査によると、実労働時間は運輸業・郵便業に次いで長く、出勤日数が最も多いのが飲食業であるとの結果が出ました。

【実労働時間TOP3】

  • 運輸業・郵便業:180.0時間
  • 飲食サービス業等:174.3時間
  • 建設業:168.9時間

【所定外労働時間TOP3】

  • 運輸業・郵便業:25.9時間
  • 情報通信業:16.2時間
  • 飲食サービス業:15.9時間

【出勤日数TOP3】

  • 飲食サービス業等:20.4日
  • 建設業:20.4日
  • 生活関連サービス業:20.1日

出典:厚生労働省:毎月勤労統計調査 令和5年分結果速報

ご紹介したように、飲食サービス業では実労働時間や残業時間が長く、出勤日数も多いとの結果が出ています。
そのためワークライフバランスを大切にするためには、紹介された求人の休日や残業時間を確認しなければなりません。

 

働く時間が長いのに給料や年収がそれほどでもないと、職場に対して不満をいだいてしまうはずです。
これから長く、快適に勤務し続けるためにも、あらかじめ休日と残業時間について確認したうえで転職先を決めましょう。

ポイント4:非公開求人もチェックする

転職エージェントを利用する際には、非公開求人もぜひチェックしておきたいものです。
すべてではありませんが、転職エージェントの中には非公開求人を見つけられるサービスもあります。
非公開求人とは、一般的な求人サイトでは紹介されない求人のことです。

 

転職エージェントを利用しなければ、非公開求人は見つけられません。
選択肢がより多くなることにより、ご自身に適した転職先を見つけられる可能性が高まります。
エージェント利用の大きなメリットでもあるため、非公開求人も含めて転職先を検討してください。

転職エージェントを利用する際の流れ

これから利用したいと考えている方に向けて、転職エージェントを利用する際の流れについてご紹介します。

【転職エージェント利用の流れ】

STEP1 会員登録 転職エージェントの公式サイトなどから会員登録をしましょう。申し込みフォームが設置されているはずです。
STEP2 キャリアアドバイザーとの面談 会員登録をしたらキャリアアドバイザーとの面談をします。面談は1対1で行われ、これからの転職活動に向けての希望や要望、期待することなどを伝えるための場です。転職先を紹介してもらうための基準となるものであるため、ご自身の希望を明確にしたうえで臨むようにしてください。
STEP3 求人紹介 キャリアアドバイザーから転職先の求人を紹介されます。面談で伝えた希望を考慮した転職先が紹介されるはずです。

ただし求人情報だけでは企業の社風や社内の雰囲気、人間関係はわからないでしょう。ご自身にて企業の情報を調べる姿勢も大切です。

STEP4 応募 紹介された企業に勤務したいと思えたなら、選考に応募します。応募の際もキャリアアドバイザーのアドバイスを受けられるので、通常の応募よりも有利に進められるでしょう。

応募の手続きを代行してもらえたり、推薦状を書いてもらえたりすることもあります。転職エージェントを通した応募では、より適性があり、企業にとって役立つ人材であると判断されやすくなります。

STEP5 面接対策 求人に応募したら、次は面接対策を行います。模擬面接を受けたり、過去の面接での質問内容を教えてもらえたりするため、1人で受ける面接より心強いはずです。

模擬面接で実際の面接への緊張感を軽減させ、スムーズにご自身のアピールをできるようにしてください。

STEP6 面接 実際に面接を受ける段階です。転職エージェントによっては、面接に付き添ってもらえることもあります。

もし不採用となった場合でも、どのような点が良くなかったのかフィードバックが受けられるのも転職エージェントの特徴。次の面接のための糧にできます。

STEP7 内定 面接を受けた後に内定をもらえた場合、転職エージェントを通して連絡が届きます。雇用条件や労働開始日を確認して、もし調査が必要であればキャリアアドバイザーに調整を依頼してください。

以前の職場をまだ退職していない場合は、内定とともに退職の手続きをします。

STEP8 アフターフォロー 無事に転職が終わった後でも、転職エージェントからのアフターフォローが受けられます。キャリアアップを支援してもらえたり、不安なこと、わからないことなどを相談したりできます。

労働環境の調整なども依頼できるため、不安があればどのようなことでも相談してみてください。

飲食専門の転職ならitkにお任せください

itkでは飲食店に特化した求人・無料転職支援を行っています。

【itkの強み】

  • 飲食業界に特化した転職エージェント
  • 業界求人数No.1
  • 履歴書・職務経歴制作サービス
  • 面接への付き添いあり
  • 経験豊富なキャリアプランナーが担当
  • 内定後のアフターフォローあり

飲食業界を専門にしているため、業界の内情を把握しており、あなたの希望に最も近い企業をご紹介できるのが強みです。
また履歴書・職務経歴書制作サービスや面接への付き添いも行っており、選考が不安な方にも安心していただけるはず。

 

利用者様お一人お一人に対してプロジェクトチームを組むなどサポートも充実しており、求人数は業界最大規模の10,000件です。
飲食業界より給料・年収を増やしたい方、飲食店の給料安すぎると転職を考えている方は、ぜひitkにお任せください。

「飲食店の給料安すぎる」と思ったら転職を考えて

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、飲食店の給料や年収、「給料安すぎる」と思ったときの解決法がご理解いただけたと思います。

 

飲食店の給料・年収は、確かにその他の産業に比べて安いものです。
しかし年収アップも望めます。
そのためにはご自身の希望が叶う企業へと、転職することがいちばんの解決策です。

 

希望通りの転職を求められるなら、ぜひ飲食業界の転職に特化しているitkへとお気軽にご相談ください。

[1]

参照:厚生労働省:(PDF)(5)産業別にみた賃金