転職コラム

寿司職人を辞めたいと感じるのはどんな時?主な原因と対処法

寿司職人として働いていきたいと考えている方の中には、長く続けられそうか不安に感じている方もいるでしょう。
「すぐに辞めることになってしまったらどうしよう」といった心配があると、なかなか転職に踏み切れません。

 

そこで、継続できるか不安に感じている方のため、寿司職人を辞めたいと感じるのはどのような時か、どういった原因があるのか解説します。
この記事を読むことで辞めたいと思ってしまった時の対処法もわかるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

寿司職人を辞めたいと感じる原因

寿司職人を辞めたいと感じるようになる原因は人によって異なります。
その人の性格や職場環境によっても変わってきますが、代表的な原因は以下の4つです。

修行が大変である

一人前の寿司職人になるためには、厳しい修行期間を経て成長していかなければなりません。
特に弟子入りして働く場合はすぐに包丁を持ったり握ったりすることは少なく、掃除や下準備、包丁研ぎ、買出しなどから担当することになるでしょう。
店によっては先輩が休んでいる間も新人は働き続けなければならないことがあります。

 

一人前になるには10年以上かかると言われているので、長く努力し続けられる人でなければなかなかつとまりません。
この修行期間中に我慢の限界を迎え、辞めたいと感じてしまう方もいます。

労働時間が長い

仕入れを担当することになる場合、朝早くに起きて市場へ向かわなければなりません。
営業が終わり、店を閉めて帰宅できる時間帯も夜遅くになります。

 

こういった生活の繰り返しなので、労働時間が長いことに不満を感じてしまう方も多いです。
特に人手不足の状況になっているお店で働く場合は、一人当たりが担当する業務量が多く、労働時間が長くなります。
仕事に追われワークライフバランスが取れず、ストレスを溜め込んでしまう可能性もあります。

 

こういった状況が続くと辞めたいと感じることもあるでしょう。

給与が低い

仕事が厳しく労働時間が長いとしても、収入面で満足できればやりがいにつながります。
ですが、特に新人のうちは給与が高いとはいえません
「あんなに働いたのにこれしかもらえない」と感じてしまえば、モチベーションが落ちてしまうはずです。

 

【関連記事】「飲食店の給料安すぎ」と思ったときのための年収・給料アップの方法

 

寿司職人として一人前になれれば安定した給与も期待できますが、それまでの期間を乗り越えていかなければなりません。

人間関係が厳しい

寿司職人は人間関係が厳しく、難しいと言われます
例えば、大将や一緒に働く他の板前と合わないと感じてしまうこともあるでしょう。
特に新人のうちはものを教えてもらう立場ということもあり、先輩に何か問題があったとしてもなかなか強く言えないのでストレスに感じてしまうこともあります。

 

【関連記事】飲食業界で人間関係が悪化しやすい5つの原因と改善のためのコツ

 

また、寿司職人が関わるのはお店の人間だけではありません。
例えば、漁師の方や市場の関係者、他にもさまざまな人と接する機会があるので、人間関係のどこかで問題が発生すると仕事に影響してしまうこともあります。

寿司職人を辞めたいと感じたときの対処法

もしも、寿司職人を辞めたいと感じるようになってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。
ここでは、3つの選択肢を紹介します。

 

【関連記事】「飲食店をやめてよかった」と思った理由と辞めないほうがよい人の特徴

 

他の寿司屋さんに転職する

現在の人間関係や職場環境に問題がある場合は、他の寿司屋さんに転職することで問題解決につながります。
ただ、転職先が簡単に見つからないのではと不安に感じる方もいるでしょう。

 

コロナ禍が落ち着いてきた近年、寿司店への客足も回復してきました。
さらに海外からの観光客も増えており、日本料理を代表する寿司は外国人からも人気です。

 

一方で寿司業界は職人不足に悩まされています。
そのため、転職しやすい状況が整っているといえるでしょう。

 

自分に合う職場探しをするためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。
どのような職場で働きたいのか相談し、ぴったりの職場を紹介してもらいましょう。

旅館やホテルで寿司職人として働く

寿司職人が活躍する場は、寿司店だけではありません。
旅館やホテルで食事の際に寿司を提供しているところは多く、そういった施設では寿司職人が求められています。

 

例えば、バイキングやビュッフェ形式で提供する寿司のほか、施設内に寿司店を置いているところもあるので、選択肢は豊富です。

 

残業があまりなかったり、施設によってはシフト形式で働けたりと働きやすい環境が整っていることも多いので、ワークライフバランスを重視している方にも向いている働き方といえます。

寿司職人のやりがいを見つける

「寿司職人の仕事がつらいと感じているけれど、今の店を辞めたくない」と感じているのであれば、モチベーション向上につながるような仕事のやりがいを見つけましょう。
自分が握ったお寿司をお客様に提供して喜んでもらう、自分にしか作れないようなお寿司を握るといったことはやりがいにつながりやすいといえます。

 

ただ、新人のうちは本格的な調理に携われないこともあるはずです。
裏方の作業が中心となるので、その中で自分なりのやりがいを探していきましょう。

飲食店の求人・無料転職支援は外食業界実績NO.1の株式会社itkについて

現在飲食店で働いていて寿司職人としてデビューしたい、今働いている店を辞めて他の寿司店で働きたいと考えている方は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。
株式会社itkでは無料転職支援サービスを提供しています。

 

圧倒的な情報量と求人数を強みとしているため、それぞれの希望に合った店舗や企業の紹介が可能です。
転職活動をする際、どのような求人が自分に合っているのかわからなかったり、転職活動に関する不安を感じたりすることもあるでしょう。

 

itkでは、そういった方をサポートするため、以下のようなサービスを提供しています。

【サービスの特徴】

  • 求人件数は10,000件以上
  • 経験豊富なキャリアプランナーによるサポート
  • 出張面談も可能
  • 内定につながりやすい履歴書・職務経歴書作成サービス
  • 専任コンサルタントによる企業様への推薦
  • 入念な面接対策
  • 面接への同席
  • 内定・入社前後のフォロー

終始キャリアプランナーによるサポートを提供しているので、困ったことなどがあれば何でも相談していただけます。
非公開求人も豊富です。

寿司職人が転職する際のポイント

寿司職人が転職する際には、どういったことをおさえておけば良いのでしょうか。
転職活動をする前に以下のポイントを確認しておきましょう。

【転職成功のポイント】

  • 転職エージェントのサポートを受ける
  • 向上心を持つ
  • 転職に伴うリスクを把握しておく
  • 不足している経験やスキルを磨く
  • 転職先の情報を収集する
  • 厳しい世界であることを理解する

寿司職人は厳しい仕事と言われることが多く、一人前として活躍していくためには技術や経験が求められるのはもちろんのこと、修行期間を耐え抜く忍耐力や熱意も必要です。
また、上を目指して努力を継続していかなければなりません。
これらをよく理解しないまま転職活動をしてしまうと、次の職場でも「自分には厳しいからまた転職しなければ」と考えてしまう可能性があります。

 

転職は繰り返すほど企業目線で見た時のイメージが悪くなってしまうことがあるので、できれば一度の転職で成功させたいところです。
そのためには転職エージェントに相談するなどして、確実な転職につなげていきましょう。

寿司職人を辞めるまでの流れ

寿司職人を辞める場合の流れを紹介していきます。
辞めたいと思ってすぐ辞められるわけではないので、しっかりと準備期間を取らなければなりません。
以下のように進めていきましょう。

退職理由を伝えられるように準備する

退職を希望する理由を伝える必要があります。
しかし、寿司職人はどこも不足している状態であるため、今の職場で感じているネガティブな問題点を伝えると「そこを改善するから思いとどまって欲しい」と言われてしまう可能性が高いです。

 

ただ、それは辞めて欲しくないためにその場限りの対応である可能性を考えておきましょう。

 

「地元で知り合いの店を手伝うことになった」など、引き止めるのが難しい理由を考えておくのも一つの方法です。
仮にその後、別の店に転職して働いているのを見られてしまったとしても「知り合いの都合が変わって働けなくなった」など、言い訳はできます。

可能であれば退職を希望する日の2~3カ月前までに申し出るのが理想といえるので、早めに退職理由を考えてお店側に伝えましょう。

退職日の交渉をする

退職日は退職を認めてもらった時に伝えておきます。
退職日をはっきりさせておかないと先延ばしにされてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

自分の希望日を伝えることになりますが、どうしてもお店側にとって都合が悪い場合はそのあたりも考慮した上で話し合いが必要です。

退職願を提出する

話し合いの結果、退職が認められたら退職願を提出することになります。
退職理由は「一身上の都合」として問題ありません。

 

退職を申し出る際にあらかじめ退職願を用意しておき、その場で退職が認められた場合はそのまま提出する方法もあります。

退職の準備をして最終出勤日まで働く

自分が担当している仕事の引き継ぎや、寮に入っている方は引っ越しの準備なども行いながら働いていきましょう。
辞めることが周りに知られると、風当たりが強くなってしまうこともあります。

 

ですが、これは仕方のないことと考え、残りの期間は精一杯働いていきましょう。

可能であれば継続を検討しよう

いかがだったでしょうか。
寿司職人を辞めたいと感じる理由や、転職などについて紹介しました。
辞めたいと感じたときの対処法などもご理解いただけたかと思います。

 

寿司職人は厳しい世界ではありますが、やりがいもある魅力的な仕事です。
できるだけ辞めたいと感じるような環境・状況になるのを避けるためには、初めから慎重な職場選びをしなければなりません。

 

飲食店の求人情報を取り扱っている無料転職支援サービスのitkでは、豊富な求人情報の中からあなたにぴったりの職場探しをサポートします。
自分に合った職場を選択できると働きやすさややりがいを感じやすくなるので、ご相談ください。
専任のキャリアプランナーがしっかり支援します。