転職コラム

寿司職人の仕事が厳しいといわれる理由ときついと感じた時の対処法

転職を考えた時、寿司職人の仕事が気になっている方もいるのではないでしょうか。
ですが、仕事が厳しい、きついと聞き、悩んでいる方もいるはずです。

 

そこで、寿司職人の仕事を検討している方のため、なぜ厳しいと言われるのか解説します。

 

この記事を読むことによって仕事をする上でどういった大変なことがあるのか、仕事がきついと感じた場合はどのようにして対処していけば良いかがわかるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

寿司職人の仕事は厳しいと言われている理由

寿司職人の仕事は簡単なものではありません。
厳しいと言われてしまうことが多くあります。

 

【関連記事】「飲食店をやめたい」と思う9つの理由と辞めたいときの注意点

 

ここでは、その理由を3つ紹介するので、寿司職人になりたいと考えている方は先にここから確認しておきましょう。

勤務時間が長い

勤務時間が長いのも寿司職人の仕事が厳しいと言われる理由です。
どのような職場で働くのかによっても変わりますが、寿司店によっては勤務時間が非常に長いことがあります。

 

例えば、大手回転寿司チェーン店などであれば、シフトによって勤務時間が決まりますが、市場での仕入れから行う場合は早朝から勤務することになるでしょう。
市場によって違いはあるものの4時か5時頃から競りが行われるのが一般的なので、仕入れ担当になれば2時や3時には起きて準備をしなければなりません。

 

店によってはランチタイム営業後に仮眠できることもありますが、それでも夜営業を終えて翌日の仕込みと掃除をし、帰宅できるのは遅い時間帯です。
翌日も速く起床し、市場に足を運ばなければなりません。

 

勤務時間中は基本的にずっと立っていることになりますし、見習い中は中休みでも仮眠をとるのではなく、開店準備を進めなければならないこともあります。

給与が低め

一人前の寿司職人として働けるようになるまでは時間がかかります。
見習いのうちは高収入が期待できず、人によっては月収が10万円を切ってしまうようなこともあります。

 

勤務時間が長いことに加えて給与が低めであるためになかなかモチベーションを保てず、厳しいと感じる方も多いです。

修行期間が長い

お客様に自身が握った寿司を提供する前に、さまざまなことを学ぶ修行期間を過ごさなければなりません。
どの程度修行期間が設けられるかは店によって違い、個人の努力や技術の習得具合などによっても変わります。

 

ですが、中には包丁を握らせてもらえるまでに何年もかかったという方もいます。
昔は10年以上修業期間が設けられることも珍しくありませんでした。
近年はそこまで長い修行期間が設定されることはまれです。
しかし、修行期間中は包丁研ぎや洗い物のような業務が多くなることに加え、その中で接客や技術を学んでいかなければなりません。

 

体力的にだけではなく精神的にきついと感じる方もいます

寿司職人の仕事がきついと感じた時の対処法

実際に寿司職人になった後、どうしても我慢できないほど仕事がきついと感じてしまうこともあるでしょう。
こういった場合は、自分に合わない店を選んでしまった可能性も考えられます。

 

仕事をすることが苦痛になっていたり、精神的にまいっていたりする場合、継続して働くのはおすすめできません。
せっかく寿司職人になったのであればその道を諦めてしまうのではなく、他の寿司店に転職するのも一つの方法です。

 

自分にとってより良い条件のところを探し、転職して前向きに仕事を進められる環境を作りましょう。

 

お店の中には職人が不足しているために一人当たりの業務が非常に過酷になっているところもあります。
そういったお店で働いている場合は、転職するだけでも大幅に状況が好転する可能性が高いです。

 

転職する際は、今と同じ寿司業界を選ぶのも良いですし、飲食店で働いた経験を活かし、他のジャンルの飲食店に転職するのも一つの方法です。

 

大切なのは、自分に合った転職先を選ぶことといえるでしょう。
合わないところを選ぶとまたすぐに転職を検討しなければならない状況になることも考えられます。

 

【関連記事】寿司職人の一日の流れは?個人店・チェーン店で変わる働き方の違い

 

無料転職支援サービス「itk」では、飲食店の求人や転職支援サービスとして、一人ひとりに合った職場探しのお手伝いが可能です。
経験豊富なキャリアプランナーが終始サポートを行うので、転職について悩んでいることなどがある方はぜひご相談ください。

寿司職人が転職する際のポイント

寿司職人が転職する場合は、どういったことに注目すれば良いのでしょうか。
転職先を選ぶ際には以下をチェックしてみてください。

【確認しておきたいポイント】

  • 今のスキルが活かせるか
  • 職場環境が自分に合っているか
  • 自身の成長が期待できるか
  • 給与・福利厚生は希望と合っているか
  • 長時間労働や長時間残業はないか

まず、そもそも今の職場を辞めたいと感じている原因を明確にし、それが解決できる転職先を選ぶことが重要です。
例えば、長時間労働がきついから辞めたいと感じているのであれば、柔軟な働き方ができるところを選ぶと良いでしょう。

 

「転職してみて合わなかったらやめれば良い」と考えるのはおすすめできません。
仕事を辞める癖が付きやすくなってしまうだけではなく、信用が失われ転職で不利になってしまう可能性があるからです。

 

そのため、どこに転職するかは慎重に検討しましょう。
itkでは、悩みややりたいことなどもお聞きしながら向いていると思われる職場を提案しています。

寿司職人が感じるやりがい

仕事が厳しい、きついと言われる寿司職人ではありますが、それでも継続して働いている方もいます。
これは、寿司職人として働くことにさまざまなやりがいを感じられるからです。

 

代表的なやりがいとしては以下のようなものがあります。

お客様に喜ばれて感謝される

自分の握ったお寿司がお客様に喜ばれて感謝されることは、料理人として何より嬉しいことといえるのではないでしょうか。

 

よりこのやりがいを感じたいと考えている方に向いているのは、カウンター接客ができるタイプのお店です。
一般的なレストランの料理人の場合、厨房がホールとは別に構えられているので、お客様と直接触れ合うことはできません。

 

一方、カウンター接客ができる寿司店では、お客様から直接オーダーをいただいて握り、そのまま自分の手から提供可能です。
お客様の反応を目の前で確認できるので、やりがいを感じやすいでしょう。

自分なりのスタイル・独自性を出せる

寿司職人は、自分なりのスタイルや独自性を出したいと考えている方にもぴったりです。
例えば、新しいメニューを開発して提供するのも良いでしょう。

 

近年は海外のお客様も増えているので、海外の食材を組み合わせたメニューも人気があります。
自分なりのスタイルや独自性を磨き、人気が出れば独立も可能です。

海外で働ける可能性がある

海外で働きたいと考えている方にとって、寿司職人としてのスキルは非常に役立つものになるはずです。
海外では寿司をはじめとした日本食のニーズが拡大しています。
多くの場合は高級料理としての扱いになるので、日本よりも高収入を目指すことも可能です。

 

通常、海外で生活したいと考えた場合、現地で就職するのに必要な技術や知識を学ばなければなりません。
ですが、寿司店で働くことができれば、日本で寿司職人として学んできた技術をそのまま活かすことが可能です。

 

日本人の多い職場で接客は接客担当が行う職場を選べれば、ほとんど外国語が話せない方でも仕事中に苦労することはそれほどありません。
海外で経験を積んでいけば、将来的に海外で店を構えることも検討できます。

日本の文化・伝統を担うことができる

寿司は日本食を代表する料理でもあり、昔から食べられている伝統ある料理です。
これらの料理に携わる寿司職人は、日本の文化や伝統を担っている存在ともいえます。

 

海外で働いた場合は、寿司の文化を世界に広める役割を持つことになるでしょう。
料理人としてのやりがいになりやすいポイントです。

次の世代の人材育成

寿司に関する知識や経験は、先輩から後輩へと受け継がれていきます。
自分が技術を磨いたあと、弟子の育成を行うことにやりがいを感じる方も多いです。

 

弟子を一人前の職人に育て上げることができれば、達成感にもつながるでしょう。

寿司職人の求人を探す方法

寿司職人として働くためには、雇ってくれるところを探さなければなりません。
求人情報を探す際は、求人サイトを活用するか、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

 

ここでは、それぞれを利用する際のポイントを解説します。

和食や寿司に特化した求人サイトを利用する

求人サイトを利用する際は、和食や寿司に特化したものを選ぶことが重要です。
さまざまな求人サイトがありますが、それぞれ得意としていることが異なります。

 

転職サイトでは、Webサイトや転職サイトで一般公開していない非公開求人の情報を持っていることが多いです。
こういった非公開求人は好条件であるケースが多いのですが、どの程度の非公開求人を持っているかは、その求人サイトが何を得意としているかによって大きく変わります。

 

そのため、例えば医療業界に強みを持つ求人サイトを利用したとしても、寿司職人に関する多くの非公開求人は期待できません。

 

自分にとってより好条件の求人を探すためには、和食や寿司に特化した求人サイトを利用することが重要です。
全体の求人数がどれほど多いかではなく、自分が求めている求人情報が充実しているかを重視してサービスを選びましょう。

 

中には、登録した情報が求人側に公開され、求人側からのスカウトを受けられるようなサービスを提供しているものもあります。
ただ、基本的には自分で求人を探して応募していく形となります。

 

どちらかというと、今すぐに転職する予定はないけれど、良い求人が見つかれば応募したいと考えている方に向いているでしょう。

飲食に特化した転職エージェントに頼る

できればすぐに転職したい方や、初めての転職で不安なことがある方、転職に関するプロのサポートを受けたいと考えている方に向いているのが、転職エージェントを利用する方法です。
求人サイトと同様に飲食に特化した転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

 

転職エージェントは、自身で求人を探すというよりも、仕事を探している人と人材を求めている企業をマッチングする役割を持っています。
双方の間にキャリアアドバイザーが立ち、求職者側はどういった職場が良いのか、どのような条件で探しているのかなどを伝えることでぴったりの職場を探してもらえるのが特徴です。
さらに、面接対策や各種フォローなども受けられるため、非常に心強い存在といえます。

 

なお、利用するにあたり費用はかかりません。
これは、人材を採用する企業側から成功報酬を受け取っているためです。
費用のことを心配することなく利用できるので、活用してみてはいかがでしょうか。

寿司職人は厳しいけれどやりがいのある仕事

いかがだったでしょうか。
寿司職人として働く上で厳しい・きついと感じることや、大変なことを紹介しました。
苦労することも多いですが、さまざまなやりがいがあります。

 

自分に合った職場を選べれば成長しながら技術を磨いていくことができるでしょう。

 

寿司職人の求人情報を探している方は、飲食店の求人に特化した転職支援サービスであるitkをご利用ください。
10,000件以上の求人情報を取り扱っているほか、キャリアプランナーによる手厚いフォロー体制を用意しています。