転職コラム

飲食業界で人間関係が悪化しやすい5つの原因と改善のためのコツ

飲食業界で転職を考えている方に向けて、飲食業での人間関係について解説します。

 

職場の人間関係は大事だとよく言われますが、飲食店は「人間関係が悪い」と言われることが少なくありません。
実際に働いていて転職したいと思っている方もいるでしょう。
もしくはこれから働きたいけれど人間関係が心配という方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、飲食店の人間関係について、悪化しやすい原因と対処法について解説します。
参考にしていただければ、飲食店でストレスを感じずに働くための方法をおわかりいただけるはずです。

飲食業で人間関係が悪化する原因

飲食業では人間関係が悪くなりやすいと言われています。
それではなぜ、飲食業で人との関係が悪くなりやすいのか、5つの原因について見ていきましょう。

 

【関連記事】「飲食店をやめたい」と思う9つの理由と辞めたいときの注意点

 

原因1:仕事の忙しさ

まず原因としてあげられるのは、仕事の忙しさです。
仕事が忙しいと、人は誰しもイライラしてしまうことが多くなるのではないでしょうか。
そのため周りの人にあたったり、キツイ態度を取ってしまったりしがちになることが原因のひとつとして考えられます。

 

特に飲食業界は人手不足が深刻な職種であるとされています[1]。
人手不足が深刻な上に立ち仕事であるため身体的な負担が大きくなるものです。
身体的につらいと、他人のことを考えられなくなってしまう方は少なくありません。

 

忙しさのため、相手を思いやる余裕がなくなることが原因のひとつとして考えられるでしょう。

原因2:指導(上下関係)の厳しさ

指導が厳しく過ぎることが人間関係悪化の原因となることもあります。
飲食業界は技術や経験が重視されるところがあり、経験の少ない方に厳しく指導しがち。
特に厨房にいる料理人は、何年もの修行を積んで「1人前」とされる世界にいた人たちです。

 

そのため新しく入社した人材に対して厳しく指導をしすぎて、人間関係が悪化してしまうこともあるでしょう。

原因3:店長の従業員に対する態度の悪さ

中には店長が従業員を大切にせず、良くない態度で接することにより人間関係が悪化することもあります
店長は「店のトップ」であるため、すべての権力を手にしていると勘違いしてしまうことがあるためです。

 

従業員を大切にしない店長がいる飲食店で働いた場合、人間関係に悩んで退職をしたいと思ってしまうこともあるかもしれません。

原因4:不公平なシフト

不公平なシフトにて人間関係に軋轢が起こりやすいことも飲食業界の特徴です。
たとえば特定のスタッフだけ土日祝日にシフトが集中していたり、勤務時間が長かったりなど。

 

スタッフそれぞれに家庭の事情があるでしょうが、シフトが公平でなければやはり不満を感じるスタッフも現れます。
みな平等になるようにシフトを調整すれば、人間関係の悪化を防げるのではないでしょうか。

原因5:ホールと厨房の対立

飲食店にて人間関係が悪化する大きな原因となるのが、ホールと厨房との対立です。
特に多いのが、ホールと厨房との連携ミスによる軋轢。

 

どちらかのミスはどちらかの仕事を増やすことになってしまいます。
たとえば「ホールのミスで厨房が忙しくなる」となれば、ホールスタッフへのあたりがキツくなってしまうこともあるでしょう。
反対に厨房でミスが起これば、ホールスタッフがお客様に怒られながら謝罪をしなければならなくなります。

 

ホールと厨房は違う仕事をしていながら連携が必要な部分なので、対立すると店舗内の人間関係が悪くなりがちです。

飲食業で人間関係を良好に保つためのコツ

それでは飲食業で人間関係を良好に保つためには、どのようにすれば良いのでしょうか?
心がけたい3つのポイントについてご紹介します。

コツ1:挨拶・謝罪・感謝などのコミュニケーションを徹底する

飲食業に限らず人間関係を良好に保つために欠かせないことは、コミュニケーションを徹底することです。
「おはようございます」「すみません」「ありがとうございます」の3つの言葉を向けられて、嫌な気分になる方はいないでしょう。

 

積極的に挨拶・謝罪・感謝の言葉を伝え合えれば、人間関係もスムーズになっていくのではないでしょうか。

コツ2:相手のことを思いやる

人間関係を良好に保つためのもうひとつのコツは、相手のことを思いやることです。
多くの人間関係の軋轢は、お互いの不満によって起こります。
不満を抱くということは、「相手への思いやりを欠いている」ため起こることです。

 

相手が嫌な気持ちを抱くであろう、嫌味は皮肉、恩着せがましい言いようは控えるようにしてください。
相手がどのような感情を抱いているかを想像して、相手の立場に立てれば思いやれるかもしれません。

 

すべての人の気持ちを察するのは難しいことですが、できるだけ相手を思いやるようにすれば、人間関係がより良くなるでしょう。

コツ3:業務以外にコミュニュケーションの場をつくる

業務以外にコミュニケーションの場をつくるのも良い方法です。
たとえばまかないを一緒に食べる場を作ったり、就業後にみんなで食事に行ったりするなど。
「同じ釜の飯を食う」ことをすると、一緒に過ごす時間が長くなり、連帯感が得られるようになるとの話もあります[2]。

 

業務時間以外でスタッフ同士がコミュニケーションを取れるようになると、忙しさによるイライラもなく人間同士として交流できます。
もし人間関係が良くないと感じているなら、コミュニケーションの場をつくることも対策のひとつです。

 

【関連記事】「飲食店をやめてよかった」と思った理由と辞めないほうがよい人の特徴

 

人間関係に悩んでいる場合は転職も視野に

もし飲食業界の人間関係に悩んでいるなら、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
人間関係の改善のためにはさまざまな方法があります。
しかし対策を試みても、改善できないこともあるかもしれません。

 

せっかく同じく「働く」のであれば、快適に、楽しく働けた方が人生は充実します。
たとえばitkでは飲食業界に特化した転職サポートを行っており、あなたがより快適に働ける転職先をご紹介できるはずです。

 

求人件数は10,000件以上。
飲食業界での転職なら、ぜひitkにお任せください。
全力を尽くしてサポートを致します。

飲食業界での人間関係の悩みは転職も視野に

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、飲食業界における人間関係の問題がご理解いただけたと思います。

 

飲食業界では職種における特徴的な部分から、人間関係の軋轢が起こりやすいとされています。
対処法はあるものの、やはりそれでも難しいことがあるかもしれません。

 

itkでは飲食業界での転職について、より良い条件にてサポートできる体制を整えております。
人間関係で悩み転職を考えているなら、ぜひitkへとご相談ください。

[1]

参照:JSTAGE:(PDF)昨今の労働力事情と外食産業の展開

[2]

参照:日本語パートナーズ:がんばること