転職コラム

飲食業の転職面接で心がけたい大事なこと3選と面接で聞かれること

飲食業界で転職面接を受けたいと思われている方に向けて、面接のために大事なことやマナーについて解説します。

 

転職面接を受けるときには「どのようなメイクがいいのか?」「服装は?」と、いろいろ悩むのではないでしょうか?
面接のときのマナーを、しっかりと知っておきたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回の記事では、飲食業界での転職面接で知っておきたいことについて、幅広くご紹介していきます。
参考にしていただければ、面接官からより好印象をいだいてもらえるよう行動できるはずです。

飲食業の転職面接で大事なこと

飲食業は人と接する職業であるため、元気で明るい印象を与えることが面接においてもポイントとなります。
それでは具体的に、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?
飲食業界に転職をする際の面接で、大切とされる3つのポイントを見ていきましょう。

大事なこと1:遅刻をしない

まずは「遅刻をしないこと」を前提条件としてください。
飲食業に限らず、遅刻をしないことは社会人としての最低限のマナーです。

 

しかし公共交通機関で事故が起きたなど、やむを得ない事情もあるでしょう。
遅刻をしてしまいそうであれば、約束した時間の前に連絡をしてください。
時間をきちんと守ること、守れないようであれば連絡をすることが大切です。

大事なこと2:元気に明るく挨拶をして大きな声で話す

飲食業界での転職面接で特に重視されるのは次の3つのポイントです。

【重視されるポイント】

  • 元気であること
  • 明るく挨拶ができること
  • 大きな声でハキハキと話すこと

飲食店に入って挨拶もなく、小さな声でボソボソと話されてはあまり良い気分がしないのではないでしょうか?
反対に笑顔でハキハキと話し、積極的に挨拶をしてくれるスタッフには好感を持つはずです。
業務に適した人であるかを見極めるには、ご紹介した3つのポイントが重要視されるのでしょう。

 

また面接で声が小さいと、「やる気がないのでは?」と思われてしまうこともあります。
面接では元気に明るく挨拶をして、大きな声でハキハキと話すようにしてください

大事なこと3:相手の話を真剣に聞く

面接では「面接官の話を真剣に聞くこと」も評価のポイントとなります。
たとえば質問の内容と食い違う答えを返してしまったり、質問が終わる前に話し始めてしまったりするとマイナス評価となるでしょう。

 

面接官の話は最後までしっかりと聞いて、理解したうえで返答をするようにすることが大切です。
相手の話に集中して、真剣に聞くようにすると好印象を与えられます。

飲食業の面接で聞かれること

飲食業の面接を受けるなら、まずは「どのようなことを聞かれるのか」を知っておくと、面接への対策がしやすくなります。
それではどのような質問が多いのでしょうか?

【飲食業の面接で聞かれること】

  • 自己紹介
  • 転職を希望する理由
  • 働いていた店舗のこと
  • 志望動機
  • 将来のキャリアビジョン

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

聞かれること1:自己紹介

  • 名前
  • 年齢
  • 住所
  • 学歴
  • 職歴
  • 長所と短所

自己紹介ではご自身のことについて質問されます。
単純な内容ではありますが、正しい答え方を知っておくと面接で一歩リードできるかもしれません。

 

名前や年齢、住所はそのまま答えてください。
ただし住所については、細かなところまで言う必要はなく、市名や町名、最寄り駅を答えましょう。
学歴は「◯◯大学を卒業しました」と最終学歴を答えるのが基本。
職歴は「◯◯で◯◯の業務を担当しており、◯◯の理由で退職しました」などの答えが適切です。

 

そして長所と短所は、長所は短所になり得ることを理解したうえで答えてください。
たとえば「熟考型」が長所であれば、「行動するまでに時間がかかる」ことが短所となります。
あらかじめ自己分析を行っておくと、自己紹介のときにも焦らずに済むのではないでしょうか。

聞かれること2:転職を希望する理由

  • 転職をしたいと考えたのはなぜですか?
  • なぜ働いていた店舗を辞めたのですか?

「人間関係が悪かったから」などと答えると、「人付き合いがうまくできないのでは?」と思われてしまうこともあります。
理由として望ましいのは、転職によって「よりスキルアップができる」「より希望する業務に近づける」と考えたと答えること。
たとえば「より習得したいジャンルに強みを持っていたため、よりスキルアップが望めると思ったためです」などと答えると良いかもしれません。

 

【関連記事】「飲食店をやめてよかった」と思った理由と辞めないほうがよい人の特徴

 

聞かれること3:働いていた店舗のこと

  • 店舗の席数や単価、お客様の層は?
  • 売上やFLは?
  • 1日に対応していた顧客の数は?
  • どのような料理を作っていましたか?作り方は?

働いていた店舗のことを質問してくるのは、働き方への意識の高さを確認する意図も含まれています。
「席数は◯席で、1人あたりの単価は◯◯◯円、対応するは◯人でした」と明確に応えられるようにしてください。

聞かれること4:志望動機

  • なぜ弊社への転職を希望したのですか?
  • なぜこの面接を受けようと思ったのですか?

飲食業界の転職面接で最も聞かれがちな質問です。
回答するうえで大切になるのは「御社でなければいけないと思ったから」と、確固たる理由を示すこと。

 

たとえば「今までのスキルを活かせると思ったから」では、「他の店舗でも活かせるのでは?」と思われてしまいます。
「私は◯◯と考えており、その点が企業理念と一致したため、目指す将来のビジョンにより近づけると思ったからなどです」などと答えてください。
面接の前には公式サイトなどに掲載されている企業理念や店舗の雰囲気を確認して、「御社でなければ」のポジティブな答えを準備しておきましょう。

聞かれること5:将来のキャリアビジョン

  • 将来にどのような目標がありますか?
  • 独立・開業は考えていますか?

将来のキャリアビジョンについての正しい回答は、店舗側の要望により異なります。
独立・開業を考えていれば、意欲があると判断されることもあるでしょう。
しかし「すぐに辞められては困る」と考えるかもしれません。

 

当たり障りのない回答例は「長く勤めてキャリアを積んでいきたいと思っている」です。
スキルアップしたい意欲も見えますし、すぐに退職する可能性も否定できる答え方となります。

 

【関連記事】寿司職人の将来性は?これからの需要とキャリアビジョンもチェック

 

入退室のマナー

面接で忘れてはいけないのが、入退室時のマナーです。
受け答えに必死になっていると忘れがちな部分であるため、一通り予習しておきましょう。

入室時

  1. 呼ばれたら3回ノックする
  2. 応答があれば「失礼します」と言う
  3. ドアを開ける
  4. ドアのほうに向いて扉を閉める
  5. 椅子の横に立ち簡単な挨拶と一礼をする
  6. 「お座りください」と言われたら座る

まずはゆっくりと3回ノックして、面接官からの返事を待ちます。
入室を促されたら挨拶をして入室しますが、静かで丁寧な動作を行うよう心がけましょう。
椅子の横に立ったら、「本日はお時間をいただきありがとうございます」の言葉とともに、名前を告げてください。
お座りくださいと言われるまで、椅子には座らないことにも注意が必要です。

面接時

  • 笑顔で面接官の目を見て話す
  • 話をさえぎらず最後まで聞く
  • 質問に対して的確に答える
  • 大きな声でハキハキと話す
  • 元気で明るい雰囲気を心がける

飲食業界での転職面接では、コミュニケーションスキルや明るさ、元気さが重視される傾向があります。
そのため笑顔で目を見て、明るくハキハキと答えるようにすることがポイント。
緊張しているとしても、面接官の話は最後の一句まで聞くようにしましょう。

退出時

  1. 終了したら椅子に座ったまま「本日はお時間をいただきありがとうございました」と伝える
  2. 一礼をする
  3. 椅子から立ち上がりさらに一礼をする
  4. ドアの前で面接官のほうを向き、「失礼します」と言って一礼をする
  5. ドアを静かに閉める
  6. すぐに建物から出る

面接が終わった安心感から、疎かになってしまいがちなのが退出時のマナーです。
感謝の意を伝えたら一礼をし、立ち上がったらさらに一礼をしてドアへと向かいます。
ドアを開ける前に面接官と向き合うように、もう一度一礼をすると丁寧な印象です。
ドアを閉めるときは音を立てないよう静かに閉め、建物内から出るまで気を抜かないようにしてください。

面接についてよくある質問

それでは続いて、飲食業界で転職のための面接を受ける方からよくある質問にお答えしていきます。
面接で失敗をしないように、次の2つの疑問点は解消しておくようにしましょう。

質問1:服装やアクセサリー

服装やアクセサリーの選び方にはポイントがあります。

【選び方のポイント】

  • 清潔感があること
  • シンプルで華美ではないこと
  • 目立ちにくい落ち着いたものにすること

アクセサリーはつけなくても構いません。
どうしても身につけたいなら、小さめで目立ちにくいものを選ぶことが大切です。
服装も華美すぎず、カジュアルすぎないものを選び、清潔感があることを重視してください。

質問2:ヘアスタイルやメイク

ヘアスタイルやメイクに関する基本ルールも見ていきましょう。

  • 黒髪もしくは暗めの茶色に抑える
  • 目がすっきりと見える長さの前髪にする
  • 髪が長い方は後ろでひとつにまとめる
  • 華美すぎないナチュラルメイクにする

男性・女性ともにやはり清潔感が重要です。
前髪や後ろ髪が長い人はヘアピンやヘアゴムですっきりとまとめ、顔が隠れないようにしてください。
派手な髪色も敬遠されます。

 

女性のメイクに関してルールはないものの、派手なメイクは好まれません。
ナチュラルメイクを目指しましょう。

飲食業の転職ならitkにお任せください

飲食業で転職を目指していて、面接を考えているものの不安であれば、itkへとご相談ください。
itkでは次のように、飲食業界の転職・面接に特化したサービスをご提供しております。

【サービス一覧】

  • あなたの希望に合った転職支援
  • 専任のキャリアプランナーが担当
  • 履歴書・職務経歴書制作サービス
  • 面接への付き添い
  • 内定後のアフターフォロー
  • 転職先のご紹介

転職に求めることは人それぞれです。
itkでは面談によって転職に向けてのあなたのご希望をお聞きし、最も適していると考えられる転職先をご紹介。

 

また面接を受けるにあたっては、履歴書や職務経歴書制作や面接への付き添いを行うなど、手厚いフォローをいたします。
内定後も親身にフォローをしますので、不安になりがちな転職でも、安心してより良い環境へと進んでいただけます。
飲食業界にて転職を目指しているものの、面接に不安をいだいているならぜひitkへとご相談ください。

飲食業界での転職面接に不安があるならポイントを押さえて

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、飲食業界での転職面接についてご理解いただけたと思います。

 

飲食業界に限らずですが、転職や面接にはさまざまな不安がつきまとうことでしょう。
もし不安をいだいているなら、今回の記事を参考にしながら、成功のための面接シミュレーションを行ってみてください。
itkにご相談いただければ面接の付き添いもできますので、よりリラックスしていただけ、ご自身の魅力をアピールできる面接となるはずです。