転職コラム

20代・30代・40代の転職でキャリアを発揮するために気を付けるポイント

18

中途での採用は即戦力として期待されるおり、新人教育や入社前のセミナーなどもなく、ストレスを抱えるケースもあるようです。また、現場での人間関係に早く馴染む必要があります。ここでは、20代、30代、40代の転職で求められるポイントを解説しながら、各年代の人たちが新しい職場で力を発揮するにはどうすればよいかについて考えてみましょう。

 

20代の転職は、基礎力がポイント

20代の転職で気を付ける点は、十分な実務能力を身に付けてから、転職活動をするということです。目安としては、3~5年程度の実務経験を積んでから転職活動をするのが前提となります。

なぜなら、新卒で入社した会社で1~2年勤務しただけでは、転職しても新たな会社では新入社員と同等の経験とみなされるからです。20代は30代や40代と違い実績やキャリアで勝る部分は多くありませんから、十分な基礎スキルを養ってから、転職活動をするようにしましょう。

30代の転職は、売り手市場を生かす

転職に最も有利で、転職しやすい年代が30代です。特に30代前半は、企業側の需要も多い年代といえるでしょう。業種や職種によっては、新卒時よりも選択肢が広がるはずです。

転職市場の中で、ほかの年代よりも有利な30代ですが、転職の際に注意すべき点は専門性です。この時期キャリアの方向性を見定め、自分の専門性をいかに深めるかという点に留意をしながら、将来のキャリア像を見据えて、転職活動にあたりましょう。また、今まで経験のない職種に転職するキャリアチェンジをする場合は30代前半までに挑戦するのがベストです。

30代で初めて転職をする人は、長年慣れ親しんだ社風から全く違う企業文化に身を置き、とまどうことも多くなると思います。まずは、「会社方言」といわれる、新たに働くことになる会社で話されている独特の専門用語を覚えましょう。そうすれば、スムーズに社内の人と会話をできるようになり、仕事もやりやすく、ともに働く仲間として違和感なく溶けこめるでしょう。

40代の転職は、キャリアを明確に

40代は管理職の経験がある人も増え、管理職としての転職を希望する人も多いと思います。同時に、前職で培ったキャリアやスキルを明確にしておくことがポイントとなります。しかし、自身のキャリアについて明快にアピールできない人が多く見受けられるようです。キャリアを明確にし、転職の際も十分に伝えられるようにしましょう。

管理職経験者は、過去の実績を具体的に事実にもとづいたエピソードで示せる必要があります。管理職として適切な経験を積んできたことを、転職を希望する会社に合わせてどう生かすことができるのか、文章化するなどして考えてみるとよいでしょう。

管理職経験がない人も、今までの経験を振り返り、いかに管理能力があるかという、潜在的なマネージメント能力をアピールすることがポイントです。管理者としての視点を持ち、転職先の企業に新たな風を吹き込む能力のある人材だということを示しましょう。