転職コラム

求職者が集まりやすい飲食店とは・・・?

iofjiajfhelkglawglejlagj

外食産業の人材難について…

近年の外食産業の人材難の背景として、毎年、店舗数が増加傾向にあり、
好調にも見える外食業界ですが、それに伴う問題も発生しています。
それは多くの飲食店が従業員の確保に苦労していることです。
飲食店も社員やアルバイトを常に募集しており、
求人情報誌に出しても、まったく反応がない場合もあるという厳しい状況です。

要因としては、少子高齢化に伴い働き手が減少し、
さらに景気が回復したことで様々な業界の人件費が高騰し、
飲食業界へ働き手が集まりにくい状況が続いているからという理由もひとつですが、
スマートフォンの普及により、ネットでの企業の情報が拡散して、
「休みが少ない」「長時間拘束で12時間以上は当たり前」などといった
飲食企業のブラック度合いが注目されるようになったのも大きな理由でしょう。

未来を担っている20~30代の若年層の方々は
自分の興味のある情報を選んで取捨選択できるため、
新聞よりも率先してネットの情報を見る傾向があるので、
インターネットで発信される情報に非常に敏感なのです。
その中で、飲食店の就業形態に関して良い情報が全くないために
調べているうちに辞退してしまったり、
入社しても短期間で辞めてしまうため、人材難に陥っているのかもしれません。

■求職者が集まりやすい飲食店とは…?

では、その中で求職者が集まりやすい飲食店はどういうところかというと、
まずは、給与や勤務日数などの『待遇面』で努力を行っている企業が挙げられます。
たとえば海外研修といった魅力ある制度を設けたり、
また、給与が少し減るが休日を増やせる時短勤務などといった
勤務条件に柔軟性を持たせる店舗も多いです。
こういった労働環境についてのいい情報があれば
求職者の方々も興味を持っていただけるのかと思います。

もう一点は
いかに企業・店舗側の『魅力』をアピールできるかが
ポイントになってくるでしょう。
チェーン店であれば、店長になれば店舗管理・経営のスキルが身に着けることもでき
キャリアアップのチャンスがあるという点であったり、
個人店であれば、一流シェフの下で技術を磨くことができることや
アットホームな雰囲気で働くことのできるというような
いかに求職者に対して働くメリットを提示しつつ、
働いた時のイメージを持ってもらえるようにするかが大切かと思います。

正しい情報を精査するのが難しい時代。

上記のように世の中はネットが普及する昨今、
膨大な情報が飛び交い、正しい情報かの判断が難しいのも事実です。
転職活動をする際にもひとりで探すとなると
どのような企業かも詳しくわからず入社してしまい、
結局退職…という企業選びに失敗してしまうリスクも伴うでしょう。
だからこそ、トラブルなく転職するためにも
転職活動を行う際には転職エージェントを活用することをおすすめします。
活用することにより、転職にあたっての重要視するポイントを共有することにより
それにあった求人情報を提案することができ、
企業の説明も詳細に説明してくれるため、イメージを持ちやすいので
トラブルなく転職活動ができるといえるでしょう。